手術方法の進化

包茎の状態が深刻であり、日常生活にまで支障があるという場合には、手術をして治療する必要があります。
仮性であれば疾患ではないために健康保険は適用されませんが、真性包茎ですと健康保険が適用されるため、少ない自己負担で手術を受けることができます。

包茎の手術については、20年前には「中央部環状切開縫合術」が主流でしたが、この方法ですと見た目のきれいさという点で劣るため、現在ではほとんど行われていません。
器具を使用する「クランプ法」という手術法も同じような理由で行われることが少なくなり、根元の余剰包皮を取り除く「根部形成法」も少なくなりました。
さらに仮性包茎の人には、従来から余った包皮を縫合するなどする「ノン切開法」が手軽であるため行われてきたのですが、効果は長続きしないほか、皮膚疾患のリスクもあるために少なくなりました。

その代わりに現在主流となっている手術方法は、「亀頭直下法」です。
傷跡が残りにくく、効果も期待できるものです。
ただ、確かな技術を持った医師による施術でなければ、結果に満足することができない可能性もあります。
手術を受ける場合には、クリニックを慎重に選ぶ必要があります。
丁寧なカウンセリング、納得することのできる説明がなされ信頼することのできる医師を探すことをおすすめします。