包茎の治し方

包茎には真性と仮性があり、ほとんどの人は仮性の状態です。
仮性包茎であれば垢が溜まりやすくなるため、衛生面では気をつける必要があります。
ただ、すべての人が病院に行って治療をしなければならないということはありません。
気になるようであれば、ある程度は自分でトレーニングをして治すことも可能です。

その方法は、入浴時などに両手を使って包皮を剥がし、亀頭を完全に露出させることです。
少し痛みが感じられるかもしれませんが、その状態に慣れるようしばらくキープさせておき、これを繰り返していくと、包皮が次第に根元側に寄せられていきます。
時間はかかりますが、やがて何もしなくてもだんだんと亀頭が露出して、露茎の状態が保たれるようになります。
もし、最初に包皮を剥がしたときに激しい痛みを感じるようであれば真性の可能性があるため、病院へ行って治療することをおすすめします。

真性包茎である場合には衛生面での問題ばかりでなく、尿路閉塞性疾患になるといったリスクもあるために、手術をすることが必要です。
真性包茎の治療には健康保険が適用されますから、自己負担が多くなることもなく治療することができます。
状態や年齢などによって、手術の方法は異なります。