日本人は多数派?

日本人は大部分が包茎であるといわれていますが、あまりお互いが話題にすることも少ないため、よくわからないという人が多いかもしれません。
日本人の包茎率についてはいろいろな調査もあるのですが、仮性の状態である人が60%から70%はいるということが本当のところです。

日本人に多いということもいわれていますが、実際には日本人に限ったことではないようです。
欧米諸国には割礼という習慣があるところもあり、そのような国や地域は別として自然に大人になった場合には、あまり日本人と大差はないということです。
病気ではありませんから、ほとんどの場合には包茎だからといって問題になることもなく、男性としてもしっかり機能します。
近年、コンプレックスを持つ人が多いといわれている理由は、不確かな情報が氾濫していることも関係しています。
それに対して正しい知識を得るチャンスがないことの方が、問題であるのかもしれません。
そのために、必要のない手術をすすめられるということも少なくないようです。

包茎で治療をしなければならないのは真性である場合、炎症を起こしやすいなどといった衛生上の理由がある場合だけであるという正しい知識を身につけることが大切です。